10月に2年にわたる通関士試験対策期間を終えて
久しぶりに英語学習を開始しました。

2年ぶりの英語学習。
今日は現在地の把握のために利用したレアジョブのスピーキングをご紹介します。

By: Acid Pix

2年も休んだ後のレベルはどうなるのか?

私の英語力のピークは2年前のTOEIC900点をとった2015年です。
それ以降は貿易実務検定、通関士試験と貿易関連の資格試験に傾倒していたので
すっかり英語学習から離れていました。

英検準1合格、TOEIC900点ありますが、このレベルはどうなったのでしょうか?

結論。
英検準2級レベルまで落ち込みました。

レアジョブスピーキングテストはどんなものなの?

今のレベルをどうやって計測するか?
ぱっと思い浮かんだのはテストを受けてみることです。

気軽にわかる方法をよかったので、英検やTOEICなどの本格的な試験は考えませんでした。
そこで発見したのは、レアジョブんのスピーキングテスト。

有料会員でなくても3000円程度で試験官さん相手にチャレンジすることができます。
時間は20分。
TOEIC SWを受験されたことがある人なら、SWのミニミニバージョンと言えばわかるでしょうか。

テストはどうやって進められるの?

スピーキングテスト専用のサイトがあり、そこから申し込みができます。

テストは2タイプあります。
先生からスカイプコールをもらって受験するタイプ
録音ずみのテスト音声と自分の答えを録音するタイプ

録音するタイプはすぐにいつでも受講が可能でした。
ただしネット回線が高速でないとダメです。

私は高速ではない…らしく申し込みしましたが
「ネット回線不適合」なる評価をされ、先生とやるタイプの試験しか受けられませんでした。

試験官はフィリピン人の先生からスカイプでコールがありスタートしました。
問題は事前にURLがメールできますが、試験開始しないと一切見ることができません。

答えがどうしても出てこない場合は「pass」というと次へ進めてもらえるようです。
(私は必死にくらいついてパスしませんでしたので、本当かどうかはわかりません。)

試験結果はどういうものなの?

結果は2週間くらいしてもらえます。
スコアは300点満点のうちの何点か?
その他、伝える力、発音などの項目ごとでパーセンテージ表示されていました。
さらにトータルレベルとしてLevel1~10評価がでます。

私は115ポイントLevel5でした。
英検でいうところの準2級らしいです。

もしカウンセリングありの有料会員である場合は、
結果に基づきカウンセリングをしてもらえるみたいです。

レアジョブスピーキングテストの気に入った点

安く、気軽にいつでも試験を受けられることが最大のメリットです。
わざわざ会場に行く必要もないですし、20分という短時間で終わるので
1日がかりのイベントにならないのは、忙しい社会人には便利です。

値段も有料会員でないときは3000円、有料会員の人は1000円。
TOEIC SWを受けることを思えばかなりハードルが低くなります。

レアジョブスピーキングテストの気に入らなかった点

先生の対応が最悪…でした。

試験当日はネット環境が悪く音声が途切れたり、無音になることがたびたび発生。
それにも関わらず試験のやり直し提案はされず、無理やり進めていかれ終えられてしまいました。
最後の3分くらいは全くの無音であったのに…。

音声が途切れるたびに、先生から「またか」というような舌打ちもされる始末。

カスタマーサービスに話をすれば、おそらく再度試験も受けられるかと思います。
しかし先生の態度があまりにも不愉快で、再度受験の要望は連絡しませんでした。

ちなみに当日は別のオンラインスクールでのトライアルがありスカイプを利用しましたが
そちらは何も音声トラブルは発生せず。
あきらかに、試験官側のネット環境の問題だと考えています。

先生のあたり外れはよく聞く話ですので、まぁ運が悪かったということにしています。

今後の利用は?

レアジョブの有料会員である期間なら受験するかもしれません。

受験するにしても、自分の英語レベルが準1級レベルまで戻ってきてからにすると思います。