2015年12月6日の貿易実務検定B級を受験してきました。
試験終了後すぐに解答冊子が配布されて自己採点ができました。
(貿易実務:124点 貿易マーケティング:34点 貿易英語:98点 トータル256点)
多分…合格しているはずです。

本日は、合格するまでにやったことをまとめます。

,,Exams,,
,,Exams,, / ღ♥ღ мίşş↔ℓσℓίţά ღ♥ღ

学習時間は?

10月にC級受験をしてそのまま継続してB級学習に進みました。
C級では30時間、B級では2ヶ月間で約60時間勉強しました。
1日1時間を続けた…という計算になりますが
実際は残り1か月で毎日2時間必死にやった、という表現が正しいです。

学習ツール

下記のものを揃えました。

協会サイトでは「アドバンスオフィシャルテキスト」というのが販売されていますが、
他の方の体験記では私の買ったテキストのほうをよく見たのでハンドブックのほうを買いました。

過去問のセットを協会サイトより通販。
「貿易実務検定®B級セット2」を買いました。

学習方法

C級受験時と同様、過去問を中心にやりました。
手順は下記になります。

1.過去問を8セットまずは解く
2.間違えた問題の解説をじっくり読む
3.過去問8セット解く
4.間違えた問題の解説をじっくり読む
5.過去問を8セット解く
6.間違えた問題の解説をじっくり読む
7.オフィシャルテキストを全部読む
8.過去問を解く
9.間違えた問題をテキスト該当箇所のみじっくり読む
10.過去問を8セット解く
11.間違えた問題の解説及びテキスト該当箇所をじっくり読む
12.間違えた問題のみピックアップして何度も解く

貿易実務科目対策

この科目のわたしにとっての山場は、書類作成の第3題目でした。
初めて過去問を解いたときは3問しか正解しませんでした(笑)
最終的にはうっかりミスで2問落とすのみ、にまでなりました。
ちなみに本番は全問正解です。

基本過去問で間違えた問題を中心に繰り返し、でしたが
書類作成問題だけは毎日1セット全部やりました。
オフィシャルテキストには、輸出輸入で各24種類に書類が掲載されていますが
全部を覚える必要はありません。
頻出問題があるのです。

それに気が付いていからは頻出問題が出たら1問も落とさない!ということにして
下記の書類をひたすら練習しました。

INVOICE
信用状
船荷証券
荷為替手形
この4点がよく出ます。

1題目及び4題目については、間違いOR正解の根拠まで選択肢ごとに言える状態にしました。

決済時などの為替レートはどれ?という問題が最後まで実は
覚えられませんでした。
TTSなのか AT SIGHTなのか、ACCEPTANCE RATEなのかなどは
一覧表にして試験開始直前まで眺めてました。

貿易マーケティング科目対策

貿易マーケティングは過去問を解けばお気づきになると思いますが
対策方法がないな…と感じました。
業務中に話したよね~と思い当たる文章がちらほらでてきていたので
実務経験のある方には常識問題的な科目だと感じました。

直近の過去問から同じ問題が出る、とのうわさがあったので
直前1週間で過去問を繰り返しやり、出た問題は100%解ける状態に仕上げました。

因みに本番では最期の穴埋め問題は1個しか正解がありませんでした…。
(インド担当の私にはベトナム近辺の時事は知りませんでした)
それでも34点はとれました。

貿易英語科目対策

こちらは、英文の説明している単語は?の3題目以外はほとんどやりませんでした。
英語は私には得意科目なのであまり参考にならないかもしれません。
英語は1問ミスの98点だったので、本当にこの科目に助けられました。

過去問を1回解いて、正しい英文OR日本語訳を選びなさいの問題に解答するコツがある!と発見しました。

1題目の正しい日本語訳を選びなさいを例にして説明してみます。
英語1文目を読んで、選択肢の日本語をそれぞれ読みます。ここで明らかに違うものは×。
英文2文目を読んで残りの選択肢日本語をそれぞれ読みます。違いを読み比べてより正しいものを正解にする。
2文目で選べなければ次の文と。
1文づつ比較していくと正解が選びやすいです。

2題目の正しい英文を選びなさいも同様。
1文づつ選択肢を比較すると、正解を選びやすいです。

つまり選択肢の違いが貿易英語の単語の訳し方だったり、あきらかにあるべき対応する日本語訳が欠けていたり、と
3-4文程度の英文を読ませるわりには違いが単語レベルの違いなのです。

長文問題である4題目も同様の解き方ができます。
問題をとく該当箇所が段落順に素直にでてきます。
だから長文~と恐れる必要はありません。
段落ごとに解いていけばいいのですから、問題としては1題目と同じなのです。

過去問は必要か?

必須です。
だいたい合格者の体験記を読むと最低4セットはトライした方が多いようです。
できるだけ新しいものをそろえたほうがいいです。
同じ問題がでる確率が高いからです。

まとめ

過去問をひたすら繰り返す
苦手な問題は過去問を横断して解くと覚えやすい
オフィシャルテキストはリファレンス用に