iPadProは英語学習をいつでもどこでもできる環境にするために買いました。
教材を自炊する必要があり、今回は裁断サービスだけを利用してみました。

By: Alan Levine

本の裁断専門サービス「カットブックプロ」を利用した理由

キンコーズで裁断からスキャンまでお願いしたところ、とても高かった…。
特に裁断や解体の値段。
キンコーズでは厚み1cmまでは100円。1cmを超えると200円。表紙外しに、解体にもそれぞれ費用がかかりました。

綺麗な作業ではありましたが、電子化したいだけなのにあり得ない金額でした。

なので、今回はできるだけ安く済ませる方法を探しました。

さしあたって電子化したい本は英語教材12冊。
スキャンは会社の複合機を利用するので、裁断だけサービスを利用です。

格安なサービスを探したところ、カットブックプロさんを発見。
初回利用者は20冊まで返送料込みで対応してくれます。
しかも本の厚みは関係なし!サイズも関係なし!
雑誌だろうが、分厚い本だろうが、1冊は1冊~。
ということで利用を決めました。

送る前

受け取ってみて


私が送ったのが金曜日。翌週の火曜日には返却されてきました。
箱を開けるとビニールに包まれていました。
雨の時を考慮すると、こういう扱いは素敵ですね。

 

1冊ごとに輪ゴムで留められてきていました。

裁断面はとってもきれいです。

本の間にハガキなど挟まっていた場合はこんな感じになってました。

即納であることはもちろん、仕上がりの綺麗さにとても満足です。

裁断サービスを利用すべき人

私のような不器用な人は利用すべきです。
真っすぐ、ギリギリのラインで裁断してもらえるからです。

年間に10冊程度の自炊タイプも利用すべき。
わざわざ裁断機やスキャナーを購入しても費用対効果が悪すぎます。

ただし、送ってもいいかな~と思える量まで本を溜めておく必要があるのが難点。
私の場合は英語教材のみの自炊を想定していたので、当面の教材をまとめ買いをして裁断サービスを送りました。