英会話

Best Teacherでオンライン英会話

9月よりオンライン英会話スクールをBestTeacherに変更をしました。




Best Teacherの特徴

大きな違いは、「トピックについて英作文」です。
一般的なオンライン英会話では、自分が話したいネタを選んで
下準備したり、ぶっつけ本番でレッスン受講です。

しかしBestTeacherでは、下記のような流れです。
1.トピックを選ぶ
2.先生と5回英作文をやりとり
3.添削された英文でトレーニング
4.会話レッスン受講

会話口調の英作文

英作文といっても、会話ベースなので口語体で書くのが大前提。
トピックを選ぶと#1として先に質問が書かれています。
生徒は#2に#1への返答をすることからスタート。
この会話を5往復するとこのトピックは終了です。

私はあくまでも自分の会社を想定して会話をするような感じで返答しています。
なので、自社製品の名前がでてきたり、実在の人物名も登場したりと
かなりリアルな場面で英作文している形です。

トレーニング

5往復が終わると、英文がやっと添削されてきます。
会話やりとりをしている間はちなみに添削はされず、そのまま会話続行という形です。

添削画面はこんな感じ。

これに下記のようなトレーニングをします。


英文を確認→音読→シャドーイング→ディクテーションとまぁそろってます。

私は全部はやりません。特にディクテーション。
時間がかかりますから。
やればかなりの力になるんでしょうケドね。

会話レッスン

トレーニングが完了したら、やっとスカイプレッスンが予約できます。
まぁ、終了してなくても下記のボタンをぽちっとしていかにも完了したかのようにすることは可能です。

会話レッスンは自作のスクリプトベースに進みます。
とはいえ最初から「フリートーク」希望と言ってしまえば、
1回だけスクリプトでロールプレイしてすぐにフリートークできます。
なので、この部分はほかのスクールと大差はないです。

先生はフィリピンの方もいれば、他の国の方もいらっしゃいます。
セルビア人の先生が美人で発音もきれいなので、私はもっぱらセルビア推しです(笑)

ちなみに予約がとれないということはありません。

BestTeacherのデメリット

トレーニングしないとスカイプ予約できない。
これにつきます。

1日のレッスン受講数は上限がありません。
なので怒涛のように英作文をやっていまえば、いいのかもしれません。
トピックは3つまで同時進行が可能。
先生からの英作文返信は割とすぐにきます。
一番遅くても半日でしょうか。
早ければ3分以内。もうチャット状態ですよ!

毎日1回受講となると、計画的に英作文を提出する必要があります。
1発話100wordが最大語数ですが、結構しんどい…。
私は3つ同時進行を常にしているので、全部返信すると英検1級英作文くらいは軽く書いている状態ですね。

後は、受講料金が高い!
自分の頑張り次第で英作文も会話レッスンも無制限なわけですが、
安いはずのオンラインスクールが1万円超えてくるとデメリットでしかありません。
他のスクールが6000円前後に対して、倍の12000円もします。

BestTeacherのメリット

仕事直結の会話を練習することができます。
私の場合は、海外メーカー社長の同行を想定しての会話をいくつかレッスンしました。

仕事で使うことが想定される会話を効率よく練習できる。
しかも添削をしてくれる、という点は非常にありがたいです。

私は法人契約で3か月まとめてコースをチョイスしたので11月末まではレッスン継続です。
しかし、月謝が高いので更新をするつもりはありません。
3か月間にとにかく仕事で想定されるトピックを選びまくって英作文しまくりで活用をする予定です。
正しい英文のスクリプトをたくさん手に入れる…そんな目的になってしまい、あまりいい受講方法ではありませんね。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です