お金

ガス代が高すぎる!LPガス供給会社を変更してみた

我が家のガス代金は1年間を平均すると1万8000円にもなります。
あまりに全国平均と価格が違うので、なんとか安くできないか調べてみました。

LPガスは高い

私の住むエリアには都市ガスが通っていません。
なのでガスと言えばLPガスを利用するしかありません。

理由はLPガスは都市ガスに比べて高いと言われています。
なぜなら、供給会社により自由に価格が設定されているからです。
自由競争によりは安くなるはずが、業者によってはかなり高めに設定されているとのことです。

ユーザーが都市ガスのように決められているから変わらないだろう…
私もそう思っており、これまでLPガス会社の言いなりで支払ってきました。
しかし料金について交渉する権利はあるようです。

平均単価を知るに愛知県のLPガス協会HPをチェックしました。
私の地域は僻地…なんで他のエリアに比べて平均単価も少々高いことが分かりました。

そして更に衝撃の事実。
使っていた供給会社の単価がその平均単価をさらに超えてくるのが分かりました。

LPガス供給会社は自由に選ぶことができることも知りました。
つまり「高い」と思ったら、別の会社に乗り換えができるということです。

なので、さっそく変更をしてみることにしました。

変更のためにしたこと

「LPガス供給会社」比較サイトを運営している、ブローカーのような団体を利用しました。

「プロパン〇〇〇〇消費者〇〇協会」のような名前の団体が検索するといくつか出てきます。
NPO法人だとか、いかにも家計の見方的な名前を付けてますけど
まぁ、ぶっちゃけ「紹介費用で儲ける」ブローカーでしょ?というのが私の見解。
それでも、安くなるなら利用もありかと今回トライしてみました。

比較サイトより現在の使用量などをコンタクトフォームへ記入。
2日後に担当という人から電話があり、平均単価より高くどれくらい安くできそうかの情報をいただきました。

毎月3000円は安くできる、と言われました。
そりゃそうだろうよ…。
愛知県の平均単価と比べてそれくらいはこちらも把握できとりますわ。

具体的な供給会社をいくつか紹介をしてもらい、選択肢から1つチョイスをしました。
そこからは紹介してもらった会社営業との折衝。
価格とか、ガス設備を入れ替え?継続?などなどの話し合いをします。
ここで納得いかない場合は、切り替え拒否ももちろんできます。

紹介してもらえる会社とは、ようするにこのHP運営会社(いわゆるブローカー)が
仲良くしている供給会社であることは承知しておく必要があります。

切り替え前向き検討ならば、委任状を記入。
これにより現在のガス会社さんとの嫌な切り替え打合せを、新ガス会社さんがすべて代行をしてくれます。
つまり「ガス会社を切り替えるから取引をやめます」などと連絡する必要がないということです。

委任状記入後1週間後に、新ガス会社から現行のガス会社へ「切り替え通達」みたいなことがされたようです。
それから現行のガス会社からの引き留め行為がかなり激しくありました。
具体的には昼間・夜の電話営業と営業訪問が1週間みっちり。
切り替え理由とか、新ガス会社のいわゆる悪口、あらゆる手を尽くしてでも引き留めるのか?と
逆に早く切り替えてしまいたい!こんな酷い会社とは手を切りたい…と思ったくらいでした。

最後の電話営業には私自身がかなりお怒りモードで対応。
「引き留めには応じません」と強い意志で対応したところピタっと引き留め行為が終了しました。

委任状記入2週間後に無事に切り替えできました。
切り替え契約には、現行の設備そのまま利用するのでガス会社同士で立ち会って
設備の引き渡し確認のような作業がありました。
残留ガス量を確認したり、設備異常がないかを確認などです。

この作業、約束の時間にそれまでの供給会社担当が来ず。
新会社営業が何度が催促電話をして、定刻1時間半遅れで担当が現れる始末。
こちらに何の挨拶も一切なく、設備の引き渡し作業だけしてさっさと立ち去ったとのこと。
どういう対応なんでしょうか?ね~K江プロパンさん!
価格設定も悪徳だし、営業のこの対応ぶりもあきれるにもほどがあります。

まとめ

LPガスの値段は会社によって違います。
供給会社は変更ができます。
紹介してもらえる会社はブローカーなので、言われることを鵜呑みにせず内容を精査する必要があります。

関連コンテンツ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です