大人の英語学習

21世紀のほんやくコンニャク?音声翻訳機ポケトークは本当に使えるの?

先日、TV番組:カンブリア宮殿でポケトークを製造販売しているソースネクスト社が特集されていましたがご覧になりましたか?

話題の中心はただいま爆発的人気の音声翻訳機ポケトークでした。



翻訳機って本当に使えるの?と興味津々でカンブリア宮殿を見ました。

実は15年位前にパソコンで使う翻訳ソフトを購入したことがあります。

その時は、「初めまして、私はtomokoです」というような短い文章ならなんとか日本語から英文へ翻訳してくれました。

しかし、とても日常生活に支障なく使えると言えるような翻訳レベルはありませんでした。

もちろん、音声入力なんてこともできませんでしたし。

しかし先日放送されたカンブリア宮殿での、ポケトークの実力を知って驚きました。

これなら一人でアラブやアフリカ方面へ旅行に行ったとしても言葉で困ることはなさそうだな~と感じました

今日は音声翻訳機ポケトークについて、本当に使えるの?使い勝手は?などまとめます。

ぺん太郎
ぺん太郎
21世紀のほんやくコンニャクと呼んでいいのか気になるよね!

ポケトーク(Pocketalk)とは

ソースネクストの「POCKETALK(ポケトーク)」は、互いに相手の言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できる双方向の音声翻訳機です。

英語や中国語からスワヒリ語まで74言語に対応

最新機種のポケトークSでは、55言語で音声とテキストに、19言語でテキストに翻訳します。

翻訳機本体内部のロボットを使って翻訳をするのではなく、聞き取った音声をクラウドでデータ処理がされます。

1.本体で音声を認識
2.クラウド上に認識した音声がデータとしてアップロードされる
3.翻訳したい言語に変換される
4.翻訳したい言語の音声に変換されたデータを本体が受信
5.本体で音声が再生され、同時に文字も表示される

尚、翻訳の結果はAIにより、どんどん翻訳の精度があがり良くなるそうです。

データやりとりをすべてネット環境で行うため、ネット環境がない場面では使うことができません。

ポケトークのラインナップ

ポケトークのラインナップは現在2つあります。

画像読み込み可能なPOKETALK S

価格 29800円(税抜き)
重量 75g
大きさ(幅X厚みX高さ) 53.8mmX11.5mmX91.6mm
駆動時間 60時間

長時間バッテリー搭載のPOKETALK W

価格 19800円(税抜き)
重量 100g
大きさ(幅X厚みX高さ) 59.8mmX15.8mmX110mm
連続待受時間 240時間

グローバル通信付きタイプを選ぶと、通信費用込みで2年間世界133の国と地域で利用できます。

ぺん太郎
ぺん太郎
POKETALK Sはなんと名刺入れに入るほどコンパクトだよ!

ポケトークは初心者でも使いこなせるの?

ポケトークのスマホなどの端末機器の操作が苦手な初心者でも使いこなせるものなのでしょうか?

答えは、「心配いりません!」の一言です。

日本では一番最初にこの製品に飛びついたのは海外旅行好きなシニア世代です。

ボタンを押すだけで使える簡単な機器ということで、シニア世代にポケトークが大人気となりました。

使い方は本当に簡単で、主にしたの4ステップあるのみです。

詳しい操作法はこちらの動画でご確認ください。

ポケトークの広告にウソはないか?

ポケトークの広告にウソはないのか?誇大広告となっていないかという判断は、正直なところ実際に使ってみた人の期待度によるところが多いと思います。

精度の高い翻訳をそれほど期待をしていなかった私の判断としては、ウソ偽りはないけど、購入前にHpの説明をよく読んで自分が使いたい言語、使いたい場所で使えるのかを決めたほうがいいと思いました。

事前に特に確認をしておくべきポイント

・利用したい言語が音声翻訳できるのか、文字翻訳だけなのか ・利用したい場所がグローバル通信が利用できる環境か

・購入時に端末保証を追加しないと修理対応してくれない

ポケトークが向いている人・向いていない人

ポケトークが向いている人・向いていない人とはどういったタイプの人でしょうか。

まずポケトークが向いていない人とは、例えば旅行の際の英語だけに限っていうならば旅行英会話が支障なくできる人は向いていません。

会話をするたびにポケトークのボタンを押し、翻訳された音声を聞くという時間にしてほんの数十秒ですが作業が入ります。

ちょっと不明な単語を調べるだけで会話がなりたつ実力を持っているなら、向いていない、むしろ必要ない人でしょう。

逆にポケトークが向いている、持っていたほうがいい人とは旅行会話レベルにも不安な人です。

英語ならなんとかなるけど、現地の言葉で少しでもコミュニケーションをとってみたい方は使ってみるとよいでしょう。

翻訳作業はクラウド上で行われるため通信環境がよくないと時間がかかることがあるようです。

中国出張の際にポケトークを持参したビジネスマンが、上海では使えたけど、中国奥地では通信環境がままならず使えなかったという報告がいくつかありました。

通信環境がよくないきには、事前に必要となりそうな会話をポケトークに登録をしておくなど、臨機応変に対応できる人ならそれほど支障なく使えるのではないでしょうか。

ポケトーク翻訳の実力は?

ポケトーク翻訳の実力はどうくらいあるのでしょうか?

海外旅行英会話Bookとの英文を比較しているレビュー動画を確認したところ、100%正しい英文に翻訳はされないが旅行には困らないレベルだと言えます。

上の動画は短めの例文でしたが、長文ではどうでしょうか?

ソースネクスト社のポケトーク公式HPではニュース素材などの長文も問題なく翻訳ができると書かれていました。

私の推測ですが、主語述語など正しい構文で書かれた日本語を英語に訳すのはそれほど問題がない製品だと感じました。

逆に日常やりとりされている構文が崩れた文章を正しく訳すのは難しいようです。

下の動画では3人の女性が何気ない会話を翻訳できるかどうか?Google翻訳とポケトークの両方で比較していますが、短い会話文でもうまく翻訳できていない様子が分かります。

尚、英語以外の言語でも旅行で支障なく使えたというレビューをみることが多いですが、ベトナム語はダメだったと評価をしているブログもありました。

ソースネクスト社長が出演していたカンブリア宮殿番組内でも、社長が「固有名詞が多く混ざっている場合は翻訳が難しい場合がある」とコメントをされていました。

ポケトークの翻訳精度を確かめたい方は、大型量販店にデモ機が設置されているので実際に触ってみてから購入などの判断をされてはいかがでしょうか。

ポケトークは本当に活用されているの?

ポケトークに誇大広告やウソはないか?について、実際に使っている人の声を主にTwitterで調査してみました。

私の子供たちが通っている小学校でも、実はポケトークが導入されていることを校長先生が教えてくれました。

ブラジルや中国、韓国、アフリカ方面からと田舎の小学校でも多国籍状態になっています。

日本語が全く理解できない親子も転校してくることもマレではないので、学校でたったの1台だけですが購入してもらえたそうです。

毎日使っている、ポケトークなしでは困る!と校長先生がPTA役員会議で話してくれました。

ぺん太郎
ぺん太郎
そっか~tomokoって今PTA副会長やってるもんね!
そういう生の声聞けるのはいい機会だったね!

なぜポケトークを使う必要があるのか?

音声翻訳機といえば、ポケトーク以外にもあるし、スマホのGoogle翻訳機能の利用でもいいのではないか?と思う方もいるでしょう。

実のところ翻訳そのものの実力は、ポケトークでもGoogle翻訳でも同じレベルとジャッジしている人が多いです。

そんな中、なぜポケトークを使う必要があるのでしょうか?

主な理由は4つあります。

・騒がしい場所でも使えるノイズキャンセリング機能がついているため使い勝手がいい
・バッテリーの持ち時間が長い
・操作が簡単
・スマホを他人に利用させる心理的負担がない

海外旅行で使う、と想定するなら、私はポケトークをおススメします。

ポケトークを使う場面を想像してみてください。

旅行先の空港や駅などの人込みでざわつくなかで使うことも多いはずです。

そういったざわつきの中できっちり音声を拾ってくれるのは、ノイズキャンセリング機能がついたポケトークと言えます。

実際にポケトークは、日本の駅や空港でも案内係の方が使っています。

翻訳が終わったらポケトークに表示される文字もきっと相手に見せるでしょう。

もしスマホで翻訳をしたら、その高価なスマホを何も心配することなく相手に手渡したり、無防備に差し出すことができるでしょうか?

万が一、手を滑らせて落下させてしまったらどうでしょうか?

スマホ端末のお金だけでなく、スマホに入っているデータのことも考えたら見ず知らずの相手にスマホを差し出すことはできないのではないでしょうか。

以上のことから、私は特に海外旅行で使うことがメインの方にはやはりポケトークの活用をおススメします。

ポケトークはレンタルがおススメ

では、ポケトークはレンタルか?購入か?どちらがいいのでしょうか?
年に1-2度程度の海外旅行が目的ならば、私は断然レンタルがおススメです。

ポケトークは、安いタイプで19800円、最新機種で29800円します。

一方レンタルの価格は1週間で5000円程度。

最新機種29800円を購入した場合、2年間通信費無料のSIMもついてくるので最初の2年間は29800円でまかなえます。

しかし2年経過した後は、追加1年間の通信費で5000円程度が必要とのこと。

2年以降だと正直ポケトークも次世代バージョンがでていてもおかしくない時期です。

なので、年に1-2度程度の海外旅行が目的ならば、私は断然レンタルをおススメします。

ちなみにレンタル手順はいたって簡単です。

webで申し込みをし、製品を受け取り、使う、そして指定の返却場所へ返すだけです。

もしweb申し込みが面倒な場合は、空港内でレンタルサービスをしている会社もあるのでそちらを利用しましょう。

レンタルをしてくれる会社はいろいろありますが、TripFeverさんが大手で安心できます。

レンタル見積もしてくれるので、気になったら見積だけでもしてみてはどうでしょうか?



ポケトークで英語学習はどうなの?

ポケトーク公式HPではポケトークの機能を使って、自分が話したい文を練習する学習法を提案しています。

このポケトークで英語学習はどうなのでしょうか?

tomoko
tomoko
う~ん、ぶっちゃけ私はやらないなぁ!

翻訳された英文が絶対に正しいとは言い切れないです。

間違いなく翻訳される簡単な短い英文であれば、たとえば基本例文集や英会話例文集でインプットしたほうが早いです。

発音が気になる場合であれば、iPhoneのSiriに向かって話かければいいだけですし。

この学習機能については、あくまでもあったら便利機能というぐらいに受け止めておいたほうがよさそうです。

まとめ

21世紀のほんやくコンニャク?音声翻訳機ポケトークは本当に使えるの?という視点でまとめてみましたが、いかがでしたか?

ポケトークは国内の市場シャア9割を超える大人気翻訳機です。

100%正確な翻訳は難しいですが、言葉の壁に悩むことなく海外旅行を楽しめるツールとなりました。

気になる方は一度レンタルをしてみて、その実力をぜひ試してみてはどうでしょうか?

tomoko
tomoko
私も次回の海外旅行ではレンタルしてみようと思います!
こちらの記事もおすすめ!